FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

2014年BRMについて

2014年BRM出走結果
BRM105逗子200km 11h41m完走
BRM111曽我梅林200km 11h20m完走
BRM201鎌倉300km 19h7m完走
BRM222相模湾300km 19h30m完走
BRM322東照宮300km 16hr30m完走
BRM329ぐるっと富士山400km 26hr16m完走 箱根で雨
BRM406定峰200km DNS
フレッシュ413鎌倉 377.1km完走
BRM419関東一周600km 水戸DNFバッテリー不足

BRM510沼津400km 23h25m完走
BRM517富士大回り400km 完走
BRM524ぐるっと房総8時400km 風邪DNS
601富士ヒルクラ 1h46m完走
BRM607北関東400km DNS
BRM614茂木時計600km 39h35m完走
BRM709北海道1200km 400km北見でDNF+中止
BRM920東京1000km 73h40m完走
BRM928定峰200km 11h33m完走
BRM1004富士山一周200km 11h27n完走最後は雨
BRM1018ニッチツ300km 17h35m完走


2013年BRM結果一覧
BRM106逗子200km完走 11h32m
BRM209千葉300km完走 寒暖差激しい夜スタート 18h40m
BRM223曽我梅林(1/15朝)200km完走 11hr38m
BRM324道志200km完走 11hr57min
BRM406富士山一周200kmDNS 暴風雨
BRM413金太郎200km完走 13hr9m 東名迂回渋滞
BRM420鎌倉300km完走 17hr53m クリート崩壊
Flesh426近畿 大津DNF
BRM511富士400km DNS
BRM518名古屋(4/12)600km ラスト100km雨の中完走
BRM601アタック会津(4/8)600km 亀太郎3人で完走
BRM615西上州(4/15)300km mocoさん、シン3と完走
BRM921裏磐梯(8/1)600km DNS
BRM1005定峰(8/5?)200km DNS
BRM1013柳沢峠(7/13)200km DNS


一応月2回程度ペース予定

2018年BRM804宗谷600km奮闘記-その1

 本当はこの前にぐるっと首都圏400kmとか関東一周600kmの話も書かねばいけないのですが、昔の話でもはや記憶も曖昧なのでした。そのため、最近走った北海道のブルべである宗谷600kmの話をまず書いてみます。

 昨年までは道の駅滝川スタートゴール地点が、今年は滝川ふれあいの里という施設に変更されています。このブルべではいつも旭川泊としているので、車でR12をそのまま走ってくるのが若干遠く細い道の先に変更されたイメージです。なお、前日に帯広空港についていろいろ観光やグルメをしてきたのですが、そこは割愛。

 スタートが8時ちょうどなので6時につけば余裕なので5時に旭川出るとして4時起きしました。それが結構涼しいんですよ。盆地の旭川は甲府のイメージがあったりしますが、さすが北海道。明け方は寒いくらいです。そんなこんなで結局6時前にスタート地点につきましたが、何台かは既に車で来て準備している方がいました。その中で見つけました。北海道ブルべのグルメ王にして貧脚詐欺のmugenさんとその奥さんです。大阪の某氏の情報によるとオデキが潰れてブルべをDNSしまくってようやく復帰との話。実態はまぁ少し前の私と同じらしいですorz

 復帰戦なので原点に戻って真面目に走るとのことでした。その実態や如何に!?

 他にも山形亀太郎の御大もご出陣。近頃はいろいろ地元の山を走り回っているようなのでその走りにも期待されます。


 7時くらいになると、滝川泊で宿からの自走組の関東軍団もいよいよ登場です。がんちょさんまでいるとは思わなかった。このSSRの方は誰だったかな・・・。SSRといえばTMRのなんちゃんしか知らないのです。Fさんだっけ?ツイッターとか知らないとなんとも記憶が。


 ブリーフィングも終了して8時少し前から車検開始です。後ろを振り向くと結構な参加者がいます。今年は2400/1200/1000と北海道で立て続けにあるので分散するかと思いきやそうでもなかったようです。総勢100名ほどかな。


 いよいよスタートですが、なぜだかのんびり進行していたらばっきーさんが業を煮やしていくぞ!!的な感じで引き始めました。その後は女性のいるグループに抜かれたりしましたが、そんなに飛ばして大丈夫か!?という感じでした。また、mugenさん夫妻もここで抜かれました。最初に会ってた時の話と全然違うんですが!!こっちだって30km/hくらいで走ってるのに明らかに35km/hくらいですよ。
なお、この手前の信号のある交差点までGPSのスタートボタンを押し忘れてログ上10km弱短かったりします。


 また、ばっきー列車は止まりませんので、片手でデジカメでパチリ。今回に合わせて購入したキヤノンのG9Xmk2です。で、北竜といえば有名なひまわりの里。ちょっと遠い黄色のところがひまわりです。よく見えない!?心の眼で見るのです。

 そしてお約束の北竜の道の駅の竜です。1200kmの時はここらでタカトリさんと会って一緒に走りました。彼は今回は北海道一周2400で今もなお走っているようです(8/15の21時には紋別の宿に入った模様で残1000kmはとっくに切っている)。


 そしてこの先で悲劇は訪れる!?ばっきーさん、兼定さん、私(の後ろはその他何人か)で走っていましたが、兼定さんがパンク神降臨。先に行っててとのことで先行します。PC1までは遠いので丘のアップダウンを抜けた留萌の最初のコンビニでちょっと休憩をします。1h50m~2h15mと25分くらい休んでいたけどやってきません。仕方ないのでタラタラ走ってれば来るだろうとリスタートします。

留萌からは日本海を沿岸を向かい風の中ひたすら稚内目指して北上です。天気は良いので日の光が結構厳しいのですが、風だけは冷たい(でも路面からは温いものが)。で、なんだか体調崩しそうな感じです。


そんなこんなで、小平の街中でソロでやってきて抜こうとした兼定さんに声をかけて3人チームで走り出します。


海岸沿いではこんなモーター付きのパラグライダーが飛んでました。気持ちよさそうです。自転車ももちろん東京横浜と違って真夏でも走りやすいです。べたべたしないですから。


小平番屋番屋をパスして


鬼鹿のセイコマのPC1に到着です。なぜか写真はない。ここは15分も休まず飯のために素早くリスタート。ここでばっきーさんは飯には行かないとのことで、兼定さんと私の2人組になります。その瞬間から向かい風が酷く10分交代で進むことにしました。
苫前ベアーを通過。


そしてたどり着いたココカピウ。その看板の上には・・・ウニ完売!!え!?なのは完売!?なんだかよくわからずクラクラしてショックを受けて頭の中にはウニしかなくなります。


兼定さん曰く、ペンギンがー・・・と。いや、これはオロロン鳥ね。


坂を上がりようやくたどり着いた2ndチョイス。北のニシン屋さんです。毎年ここだなぁ。でも旨いからいいか。


庶民はノーマルウニ丼。一方、独身貴族の兼定さんはお高いウニ丼を頼んでました。おいしいエビの出汁の効いたお吸い物を飲んで元気にリスタートです。ここは待ち時間込みで30分くらいです。もちろん、ほかの参加者や一般客も大勢います。がんちょさんは先行されていてここですれ違いです。ここ羽幌は甘海老が有名なのですが、甘海老丼は正直飽きるので2色丼以上がおすすめです。

スポンサーサイト
2018..15 ブルベ comment0 trackback0

2018年初ブルべは401定峰200km

ブルべ自体は昨年7月の宗谷600kmの150kmくらいのPC2でDNFして以来の参加となります。
宗谷600のDNFはGW前に交通事故で怪我をした右手首の変形の痛みによるもので、その後も結果として8hも乗っているとハンドルが握れなくなるほど痛くなるものでした。そのため、右手首の手術を決意し、それは6時間に及ぶものでした。もちろん全身麻酔で寝ていて本人は手術自体は気になりませんでしたが、その後の38度の発熱が3日ほど続いたり、血尿(管を取った後)が止まらなかったりと辛い日々が・・・。それはさておき、術後2か月ほど経ってようやくギブスが外れてリハビリして、さらに1か月が経った2月からいよいよTREKの新車SL7が販売中止になったので、SLRにアルテグラDi2をつけてSLR7相当にしたものに自転車リハビリとして乗り始めました。当初は3/24のR東京の金太郎200にエントリーしましたが、下痢と吐き気に襲われて体調最悪のためDNSとなり、今年初ブルべは401定峰200kmとなりました。2月からはおっかなびっくり乗っていてトータルでも最長は150km程度でした。果たして、200km完走できるのかドキドキしながらの出走となりました。

7時スタートなので5時半に家を出て6時過ぎくらいに二子玉のスタート地点に到着。とりさんやヒデさん、イーチョさん、にゃんこさんなどとご挨拶。6時スタートの黒スコさんには会えずじまい。6:15発のスタートを見送りつつ、駄弁りながらも不安を押してブリーフィングへ。くら爺さん主催で、コース説明はヒデさんでした。


これはなおさんという方に激撮された写真。真ん中で反射ベストを中に着ているのが私。もちろん、スタート時に上は脱いでいます。


7時ちょい前に車検してすぐスタートすると前は女性(後でわかったけど、しぃさんでした)でした。多摩川沿いの公道に出てすぐ、後ろからきたがんちょさんが先頭で、しぃさん、私、後ろ数人でした。7時の先頭集団で28-30km/hくらいで走行していたら、あっという間に後ろからマウンテンバイクのGパン野郎のにゃんこさんがすごい勢いでぶち抜いていきました。推定30km/h後半ですね。
さて、その後は順番変わらずに進行していましたが、R20に出てがんちょさんが左折したのに、なぜかしぃさんが直進してしまい、みんなで声を掛けました。残念ながら、この集団には戻ってきませんでしたが、次のPC1でAJ会長と一緒に来ていて一安心。
このPC1は9時過ぎくらいに着でオニギリ1つとジュースを飲んでリスタート。


ここからはいよいよ登りの始まりです。もちろん、ソロです。1つ目の峠である山王峠は足慣らしで9:37着。


山伏峠は辛いので上る前に一休みでカルピス飲みました。途中でトライアスロン系の女性2名に抜かれてなんとかついていき、10:54に到着。結構混んでいたのでパッと撮ってリスタート。


下りで数人抜きつつ、秩父まで来ると渋滞で前に進めず。11:30頃にPC2に到着しました。鎌野さんに写真撮られたけど、どこかで公開されてるのかな?


PC2はすぐにリスタートとして雅紀屋さんでうどんかなぁと思っていたら、コース上にうどん・そばの看板を発見して吸い込まれました。12:00くらいです。名物である胡桃ダレのうどんをいただきました。今の私はこれでお腹がいっぱいになるのです。とてもわらじかつ丼は無理。


そして大野原を右折して雅紀屋を見るとバイクや車で駐車場はいっぱいでした。ここからは定峰峠への道となります。しかし、道の崩落による迂回コースが激坂短縮コースと事前に話がありました。それでも大したことないだろうと思っていたら、20%超のようです。途中の平らなところで桃の花を撮りつつ、坂は基本32Tで乗り越えました。スピードプレイは坂を歩くのにはまったく向いてなく、乗っていた方がよいのです。どうしても歩くなら靴は脱ぐしかないでしょう。


本道に戻ってヨタヨタ走ってようやく着いたよ、定峰峠13:22。ここでボンゴさん、ぴかさん、k内さんの3人衆に遭遇。他にも会長やしぃさんも後から来ました。またまたソロでダウンヒル。


あれー!?下りなのに速度でない。もしかして向かい風??
なんとか14:00くらいに通過チェックの和紙の里へ。なんか道の駅になってオシャレになってました。ここで買ったのは最中でお土産となりました。結構並んだけけれど。とても紙すきをやる時間はないですね。実はここで知らないランドヌーズに声をかけられたりしました。後でわかりましたけど、たぶんナナさんのはず。


ここからもソロでひたすら向かい風で脚を使わされる区間。きつかった。脚がパンパンです。先にいたボンゴさん達数人が帝松に吸い込まれたので、これは混んでて無理と判断して松郷峠へ。押し歩きしていたソロのk内さんを峠で激写。14:38でした。そのまま先行されてときがわベースに吸い込まれていましたが、私はギリギリ隊なのでそのまま進行。ソロで向かい風でアップダウンのk30はほんとに脚にきますな。


途中でここ左折すると埼玉ゴールの豊水橋やなぁとか右折して巾着田だーとか思いつつ、四里餅は休業というのを横目に飯能駅まで来たときは渋滞もひどいし、脚も疲れていて輪行して横浜まで1本で帰ろうかと考えました。
なんとか誘惑を断ち切り。入間川を渡るときに見事な桜並木が見られました。


そしてようやくPC3へ17:00に到着。40分貯金とギリギリ隊です。こちらはヘロヘロなのに、とっても元気にコラテックチーム(たまたま居合わせた)で頑張ろう的な話をしておりました。あとでわかりましたけど、これがナナさんですね。そんなこんなでここでついにぜっとさんに追いつかれました。


大して休みもせず、再びソロでノソノソ走っていたら羽村堰の辺りでボンゴさんチームに追いつかれて抜かれるときにk内さんからユーノッチャイナヨ的に言われて便乗させていただきました。いやー、ラクチン。やっぱりトレインは違うなぁ。それにしてもまったく脚ができていないことが判明しちゃったな。手首も何とかもってるけど、痛くないわけではないです。またまた痛くて曲がらなくにりつつも、ハンドルが握れなくなるほどではない。


多摩川の手前辺りで、ソロで走っていた女性(あとでなおさんと判明)を吸収し、5人トレインで快走。こうして19:35にゴール。7:00スタートなので12h35mですね。スタッフの方、一緒に走ったり声掛けしていただいた参加者のみなさん、ありがとうございました。まったく脚ができてない中でなんとか完走することができました。


さて、次は再来週(今となっては来週)の西上州300km。これまた挑戦になります。腕も脚もどうなることか?
そしてまだ何にも準備してません。
2018..08 ブルベ comment0 trackback0

suew ShariPocket2導入

2017/4/23の事故で廃車になったTREK 初代Domane(Di2 10速アルテ)からTREK Domane SLR2018年フレームにDi2 11速アルテをつけて2018/2/3からついに走り始めた。しかし、モンベルのフロントバックが付け辛くなったので、これまでハンドル右手に付けていたシャリポケを右側にも増設することにした。

久しぶりにsuewさんのホームページを見てみたらシャリポケ2にバージョンアップしていた。しかもそこの部分が三角のもあってダンシングにも安心のようだ。よく見たら在庫もあるのでポチったらすぐ来たよ。それがこれ。最初にシャリポケの代わりに右側に付けたらなんかつかなかった。その理由は後述。


裏側というか正面から見るとこんな感じ。ハンドルに固定する部分が、固定化されましたね。


これ右手ハンドル側にシャリポケ、左手ハンドル側にシャリポケ2を付けて正面から撮ってみました。
見ての通り、高さが違ってシャリポケ2の方が高いのです。私の右手ハンドル側はライト台座やベルがあって高いと干渉するので付かなかったのです。高くなった分、ダンシング時の膝も当たりにくくなっていると思います。そもそも三角で当たりにくくなっていますけど。ちなみにシャリポケ2でも以前と同じそこが円形も選べます。


あと上から撮ったのですが、この上の部分がシャリポケ2はそこそこ硬い材質になっているみたいです。
雨には強そうですが、硬い分だけ蓋が締まりにくいようです。使ってるうちに柔らかくなるかも?
ただ、雨対策でシャリポケでは柔らかかったので寝かせるというか締めた口の部分を曲げることができていました。シャリポケ2は今のところダメみたいで口が上を向いてしまう。また、紐も硬くて長いのでちょっと邪魔かも。写真のようにハンドル側に挟んで対応できます。
もう1点、ポケットの中に仕切りがあってそこに充電池を入れられるのですが、そこからUSBケーブルを出す口があるのですが、これまた下手するとその口が上を向いてしまう感じで雨が簡単に入りそう。対策を何か考えないとブルべでは辛いかな。ブルべでの使用者の方に雨対策を聞いてみたい。
とはいえ、充電池をここに入れられるとTOPEAKのトップチューブバッグがバッテリー以外に使えるようになるので良いですね。
2018..11 自転車 comment0 trackback0

交通事故と手首の手術(4/23-1/8)

2017/4/22(土)はR東京主催の関東一周600kmに参加する予定だったが、寝坊してDNSとなった。
その翌日の4/23の日曜日、三浦半周してからの帰りに自宅近くの公園で交通事故にあいました。
こちらから見て左手に公園があり交差点で止まっていたところ、左手の公園に逆向き駐車(相手車が右側路駐)からバックしてきたのです。こちらは左端に停止中でした。気が付いたら右側に倒れていて、なんで倒れたんだっけ?バランス崩した?と思っていたら後方からバキバキという異音が・・・。振り返ると白いバンに後輪が引かれていたのです。実際には車のマフラーにホイールが引っかかっていました。といっても引かれたのには変わりませんし、かなりの異音がしたのは確かです。車はその音で止まったようです。右手が痛いのでグローブを外すと右掌の下の方(手首側)が真っ赤でした。擦れていたわけではなく、落車したときに突いたようです。
その後は警察を待ち、人身事故で処理しました。相当長くかかりました。で、後ろブレーキを開放して押して自宅まで帰り、病院へは車で向かいました(家族の運転)。
日曜で救急ということで、再度月曜にも診察要とのことでしたが、2日間共にレントゲンで見てもらっても骨折はなしで打ち身ですぐ治るという見立てでした。しかし、GWが明けても痛いので手の専門の整形外科で見てもらったら舟状骨骨折との診断で即ギブスでした。このギブスは1か月+シーネ0.5か月くらいしてたかな。夏前には骨折自体は完治したのですが、痛みが残った状態でした。
普段の生活では支障はあまりないのですが、右手のみで大皿を持ったりする(手首に負担をかける持ち方する)と痛くて持てない状態でした。また、自転車も少しくらいは乗れたので、2017/8の宗谷600kmに参加してみたら、約7-8hrでひどい痛みとなり、ハンドル握るのがつらい状態となりました。結局、PC2でDNFして15kmくらい先の駅で3h待ちして特急で帰りました。
この自転車の痛みというのが小指側に自重がかかるためか、小指側から始まって親指側まで・・・つまり、手首全体が痛くなる感じです。
その後も結局6-8hrが限界という状態で200kmも走れなかったので、整形外科にて手術することを選択しました。これが9月で、実際には10月に東京の病院で診察してもらい、手術日の空きから12/1手術となりました。
手術自体は、右手首の豆状骨切除と舟状骨周りの軟骨の掃除や隙間の修復(腕側の骨を削ってきて埋める)をしたようです。
入院は11/30で、手術12/1ですぐ治って退院と思っていたら、そんな訳もなく・・・。

まず、手術は4h予定が6hかかったそうです。全身麻酔+伝達麻酔(局所麻酔)で寝ていただけですが、術後は麻酔が抜けるまで飯抜き。しかも、下もカテーテルが入ったままです。でも、なんか動かない感じなのでよくわかりませんでした。
しかも、術直後の伝達麻酔が切れていないためか、右手の指がまったく動きません。なんやこれ、左手で触っても感覚がなく、動きもしない。変なものがくっついている感じでした。徐々に動くようになって安心はしました。

翌日からは病院食が始まり、カテーテルを抜くことに。激痛走る!!痛いです。しかも、この後、血尿が20日間以上続くことにorz
血尿といっても血がドバドバ出るわけじゃなくて、ちょっと混じったりするだけですが怖いですよね。初めての経験ですし。
また、術後の3日間は38度前後の熱がずっと出ていました。この病院、冬なのになんでクーラーつけてるの?ゾクゾクして寒いですといった感じでした。病院としては38.5度以上ないと薬の処方はできないとのことで、氷枕の生活を病院ではしていました。これはおそらく身体が菌を入れないように発熱していたようなのです。38度でだいたいの菌は死滅するみたいですよ。
そうそう、術後の初日の夜は麻酔切れのためか右手首もジンジンして痛いのでロキソニン?座薬タイプを挿入されました。これが効いて寝ることができました。ただ、それ以外の日はゾクゾクして寒いとか、同じ病室のオッチャンが騒ぐとかでよく眠れぬ日々を過ごしてました。

こうして12/4にギブスのまま退院。初回は1週間後に抜糸、次は2週間置きでようやくシーネ(ギブスを電動のこぎりで切って半分にして包帯巻き)でリハビリ開始。年明けた今も右手は30度くらいしか曲がらない(最初はほとんど曲がらないし痛い)し、PC触っているとすぐ右手はだるくなって疲れるというか痛い。手術跡は全部で10か所くらいあって、多くは1cmもなくてたぶん内視鏡を入れた跡でしょう。大きいのは2-3cmで豆状骨(掌の小指側)を抜いた所と舟状骨(手の甲の親指側)の2か所。これ縫った分だけ皮が突っ張る感じがします。リハビリして徐々に動きも大きくなってきたけれど、手のだるさというかすぐ疲れちゃうのは筋力不足かな?
未だに自重をかけるのは禁止されているので鍛えるのはまだできない。リハビリはこれからだ!!

たいしたことないと思っても意外と重症だったり、そもそも自分が気を付けていてもどうしようもなかったりする場合もあるわけですが、気を付けようとしか言いようがない。やばそうな車や場所には近づかないってことですかね。皆さんもいろいろ気を付けましょう。
2018..08 事故 comment2 trackback0

2017BRM311もしかして追い風400km走行記録(その2)

駿河健康ランド仮眠室でガサゴソ音で起こされる。時間は3:20。あー、10分寝れたのになー。どうやらそろそろスタート準備に入る模様だ。とりあえずタオル持って顔だけ洗ってから荷物をもって2Fの大広間へ。ここで朝食をモグモグ。なお、仮眠室から出るときにまこたさんを見かけたのだがすごくよく寝ているのでそのままにしておいた。4:00リスタートはパンクの余裕を見てなのでのんびり派でも4:30リスタートでも間に合う。実は5:00でもギリギリ間に合うだろう。まこたさんは13:20スタートなのでよりたくさん寝ることができるのだから。でも、結局そのまま寝過ごしたみたいだが!?

4:00少し前にフロントでユメさん夫妻と合流し、4:03にリスタート。実はこのとき何人かついててきていたみたい。が、ユメさん夫妻は朝食を買っていなかったようで、お腹空いたとのことで富士川を渡って最初の711で朝食休憩(4:54~5:11)。やはり明け方は寒い。気温は2度くらい(Garmin調べ)。

走行中の朝焼けと愛鷹山がきれいなのは感動的でもある。これは走ってないと感じられない1つだ。寒いけど(笑)。でも、富士山は見逃したのだ!!沼津を通過して軽くアップダウンをこなして伊豆長岡の通過チェックに6:48着。だいたい1時間くらいの余裕。やっぱり最悪5時スタートでもいけそう。この後登りがあるとはいえ。もしくは途中でスマル亭とか。まだ登りは続くので7:07にリスタート。
そしていつものお約束のミニストップ中伊豆八幡店へ(7:54~8:12)。ここでは防寒対策の雨具を脱いだり軽くイートインでお休み。リスタート前にぜっとさんがいたとのことで追走を開始。


冷川の信号でぜっとさんに追いつき、登りでのんびり会話。しかし、トンネルの手前でワカボンさんがパンクした模様。先に行っててということでここで分離。ぜっとさんとはトンネルの先でお別れ。


いよいよ、下りで時間を稼ぐ時がきた!!といっても別の知らない人に伊東市街で追いつかれたけれども。
また平地で前走者に追いついたものの、アップダウンが始まりあっという間に離される。
そんなこんなで10:37?にPC4の湯河原のローソンに到着。ここで後続のユメさんを待つも現れず。どうもDNFを選択した模様。
11:04にリスタートするも残時間は30分くらい。

さらに真鶴の旧道を使うがこれが正解。R135は渋滞して走りにくい。迂回車がたまに来るけど。そして2つの山を越えて根府川に近づくと・・・おかめ桜まつりの幟と桜が目に入るようになった。この時期に熱海桜、河津桜に続く桜があるんですね。初めて知った。なお、足柄の桜はこの1週間後くらいに満開なった模様。


大磯駅前のファミリーマートでトイレと休息を行い、ラストスパート(12:54~13:06)。
江ノ島~鎌倉近辺の渋滞に辟易しつつ、シンさんと北海道の軍団に抜かれてもマイペースで進行。途中でけーこさんとすれ違う。彼女は結局携帯忘れたので自走で家まで帰ったそうな。
そしてようやくゴールの逗子 松汀園へ。ゴール渋滞で前にトントンさんを含む名古屋チームやシンさんがいた。そして受付は14:31。ところが、シンさんはなんとレシート無くしでDNF扱いとのこと。なんということか!?


こうして今年も無事追い風400kmを25h31mで完走しました。
2017..26 ブルベ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

PIPI

Author:PIPI
もっぱらブルベなどのロングライドをしてます。朝は弱いので6時くらい横浜発でお願いします。3-4時に家出るとかム~リ~。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード