2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

2014年BRMについて

2014年BRM出走結果
BRM105逗子200km 11h41m完走
BRM111曽我梅林200km 11h20m完走
BRM201鎌倉300km 19h7m完走
BRM222相模湾300km 19h30m完走
BRM322東照宮300km 16hr30m完走
BRM329ぐるっと富士山400km 26hr16m完走 箱根で雨
BRM406定峰200km DNS
フレッシュ413鎌倉 377.1km完走
BRM419関東一周600km 水戸DNFバッテリー不足

BRM510沼津400km 23h25m完走
BRM517富士大回り400km 完走
BRM524ぐるっと房総8時400km 風邪DNS
601富士ヒルクラ 1h46m完走
BRM607北関東400km DNS
BRM614茂木時計600km 39h35m完走
BRM709北海道1200km 400km北見でDNF+中止
BRM920東京1000km 73h40m完走
BRM928定峰200km 11h33m完走
BRM1004富士山一周200km 11h27n完走最後は雨
BRM1018ニッチツ300km 17h35m完走


2013年BRM結果一覧
BRM106逗子200km完走 11h32m
BRM209千葉300km完走 寒暖差激しい夜スタート 18h40m
BRM223曽我梅林(1/15朝)200km完走 11hr38m
BRM324道志200km完走 11hr57min
BRM406富士山一周200kmDNS 暴風雨
BRM413金太郎200km完走 13hr9m 東名迂回渋滞
BRM420鎌倉300km完走 17hr53m クリート崩壊
Flesh426近畿 大津DNF
BRM511富士400km DNS
BRM518名古屋(4/12)600km ラスト100km雨の中完走
BRM601アタック会津(4/8)600km 亀太郎3人で完走
BRM615西上州(4/15)300km mocoさん、シン3と完走
BRM921裏磐梯(8/1)600km DNS
BRM1005定峰(8/5?)200km DNS
BRM1013柳沢峠(7/13)200km DNS


一応月2回程度ペース予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Edge1000購入と設定について

自転車で大観山を登っているときにはついていたEdge705のmodeボタン。しかし、ゴムが劣化していたのだ。いわゆる経年劣化。雨の中でも晴れの中でも使い、最もよく使うボタンだから仕方ない。しかも電源ボタンも相当痛んできていた。で、箱根旧道を下ってから見たらなくなっていた・・・。中見えてるし、ボタンは押せないし、これは新しいのを買うしかないという啓示か!?

とりあえずスペインからポチッとなをするも、なかなか面倒で簡単な英文でやり取りしてようやく発送。だがしかし、到着は興津600kmの移動した後だったり。雨の降った興津600kmはサランラップ作戦でなんとかクリア。帰宅してからいよいよ設定だが、英文のオーナーズマニュアルは簡易マニュアル過ぎて使えない。
そこでググって調べると、ありました。参考になるページ。
http://roadbikefrom40s.blog.jp/archives/21711694.html
<前編>
1.ケーブルつないで充電
2.iPhoneにモバイルコネクトをインストール
3.充電が終わったらPCのガーミンエクスプレスでWiFi設定
4.iPhoneとEdge1000でそれぞれBluetooth接続、ついでにハートレートモニタ、TREKのセンサ類の認識

とにかく、まずはUSBケーブルを接続・・・っと、マイクロUSBやんけ。705のと口が違うのでまた大変。モバイルコネクトはBTで接続していれば勝手にiPhone経由でライド情報をセーブしたら上げるのかな?あとiPhoneの着信などを1000で表示したりする模様。ここは未だに謎。センサの認識は問題なし。IDで登録されるから混信もないでしょう。

<後編>
5.別途購入した液晶保護シートを貼る(何度もやってちょっと失敗orz)
6.別途購入したSDカードを挿入してOSMの日本地図を転送
7.ルート作成して1000に転送してテスト

シートは不器用だから仕方ない。まぁ、ないよりはマシだし、表示部分は綺麗に保護されているからよいでしょう。
OSM地図入れるまではヨーロッパの部分しかちゃんとMAP表示しなかった。PBPや英国で使うときはよいかな。
ルート転送。これが一番大変だった。ベースキャンプで作成するとコースのgpxとwaypointのgpxが2つ作られる仕様?
これをベースキャンプから1000に転送するとgpxフォルダに転送されるが認識しない。トレーニングセンターでtcxファイルを作成してCourcesフォルダに転送するも認識せず。仕方ないので、近所を走行してそのログからコースを作ると、できたファイルはtcxではなくfit。なにこれ1000は新しいフォーマットなのか。でも、ベースキャンプでもトレーニングセンターではどうやってもfitファイルなんて作れない。どうしたら!?
また、ググりました。ありました。参考になるページ。

http://blog.livedoor.jp/roadbiker/archives/1738797.html

なるほど、NewFilesというフォルダに作成したデータを放り込めば、勝手に該当フォルダに仕訳変換すると。やってみました。gpxとtcxを突っ込んでたみたけどgpxはどこへいったのか?tcxはちゃんとfitファイルに変換されてCourcesフォルダにありました。コースからそれを選択するとちゃんと表示されました。ポイントまでの距離もでますね。

あと、テストでコースなしで適当に走ってみたけど、近くのメインの通りの表示がれるみたいですね。うちの近所だと綱島街道とか水道道へ向かってますみたいな表示が英語で表示されてました。ガイドとやらを使うと曲がり角も自動表示するみたい?まだ謎です。

5/31追記
試しに5/30に山中湖を巡る200kmを走ってみました。いわゆる1ブルベ分の距離です。
BT、WiFi、MAP上の簡易ルート案内、バックライトはoff。
tcx突っ込んだルート表示(ルートミス時の警告あり)、Di2表示あり
という状態で9時間弱でバッテリー切れました。最初は1時間に10%くらいかなと思ってたら10時間持たなかった。
600kmだと40時間ですよ。3回充電しないといけない。電池容量が不明で15時間とかいってる謎仕様なので現行持っているモバブー5000mhAは不安か。新しいバッテリー買わないとダメか。しかし、もうちょい分厚くして電池積めばよかったのに・・・。

6/21追記
英語版Edge1000のデータなら
http://www.di2stats.com/
でギアチェンジのデータ解析可能。日本語版は使えないらしい。
スポンサーサイト
2015..16 自転車 comment0 trackback0

2013年BRM413金太郎200kmの中身はこれでもかという峠ばかり

 BRM406富士山一周は2013年も走る予定でしたが、暴風雨予報のためDNSを早々と確定。何人かはあの中を走ったそうです。そして翌週BRM413金太郎200kmは西東京開催。これに初参戦してきました。一言、コース作成者はマゾい(笑)。こんな感じのコース。
From 20134142191382

スタート地点はケルビムのある町田。これが自宅から最短で26kmも・・・。7時スタートとはいえ、初なので6時くらいについておこうということで、4時40分出。ということで3時半起き。いきなり寝不足でハードルが高い。やはり、青葉かR東京がよいぞっと。
 6時について受付はすんなり終了。知った顔はmicronさんくらい。後はスタッフも知らない。自転車置き場もないので、ショップのトイレを借りてそそくさとスタート地点の公園へ移動。この公園にはのりぞーさんが応援に。残念ながら奥さんは来てませんでした。シークレットのクイズポイントの場所を写真付きで紹介などのブリーフィングがあり即終了。ここでブルべ太郎さんに遭遇。結構派手な色のクロモリでした。しかし、毎日通勤で足柄峠に行っているようなので、もはや庭。今回スタート地点から雛鶴くらいとゴール近辺くらいが行ったことないところのようでした。ブルべカードには2-7と書いてあり、車検は1-1からやっているようです。ここら辺は適当?R東京スタート方式のがばらけてよいかも。で、適当なところで車検して6:53スタートです。こんな感じで信号峠で早速こんな感じ。
From 2013BRM413

 町田からほぼ集団状態で相模湖へ。ここから牧馬峠方面に向かう時にミスコースしたところを呼び止められる。GPSが大きくてよくわからなかったのと、牧馬方面には行かないと思っていたので(^^;;
 牧馬への分かれ道はもうちょい先でした。はちみつたい焼き屋は8時過ぎに通過しましたが、まだ開店前。そんでもって、雛鶴峠の手前の饅頭屋は誰もおらず、トラックのみ。みんなグルメとか無縁のようです。
From 2013BRM413

 雛鶴の手前に桜発見。まだ咲いてますね。
From 2013BRM413

 雛鶴トンネル近辺自体はたいしたことないけど、相模湖からの序盤のupdownが結構キツくてその先も脚に来ます。今回峠が多いのでPC1までに時間を稼ぐ必要があったのでちょっと頑張り過ぎた?右足の膝上が痛み始めました。
From 2013BRM413


PC1都留(58km) 9:55着 10:13発
 ここまでグルメなし。すでに弁当がかなりなくなっています。いつもの711の鶏弁がないため、オニギリ2つとピルクルチャージ。あと、ここで有人チェックと写真を撮ってもらいました。それにしてもこの脚の痛みが続くとやばい。いきなりDNF信号か!?あとmicronさんの旦那さんにもここで遭遇(あれれ、micronさんはここで待つつもりなのかな?)。ブルべ太郎さんは同時スタートだったのにツイッターみると23分前に着いてる。速いなぁ。

 次は道坂峠へ向かいます。脚の痛みは続くけど、ほんとにやばくなったら、道志を下るか都留まで戻るしかないと思いつつ、時々あるこんな感じのところで撮影タイム発動。
From 2013BRM413

From 2013BRM413

 ようやく到達した2つめの道坂峠(11:30頃)。ここでクイズポイントを攻略してトンネルを超えたら、下り開始。登りは気温11度くらいの割に日向で暑かったけれど、下りはさすがに日向でも寒い。なんせ桜がまだ咲いてますから。道志みちに出たらすぐに道の駅があります。脚の痛みもあるので、吸い込まれます。PC1で飯食べたばかりなので、ここはクレソンケーキ。前回BRM314で食べれなかったのでリベンジしました。ついでに脚も休まるし一石二鳥。ここから山伏までは坂もきつくなります。
From 2013BRM413

 山伏へ上がる坂でようやくインナーロー登場・・・と思ったら入らないよ!!正確には入るのだけれど、クランクを回してるとすぐに1段勝手に上がる。うーん、これは今日はインナーローなしか。しばらくギヤをガチャガチャしたけれど、結果は変わらず心は折れるなぁ。12:44に山伏峠に到着。今度は冷えないようにレインウェアを装着。足柄までも長い下りになるし、籠坂峠までは短いので。
From 2013BRM413

 山中湖ではきれいな富士山が見えたよ!!足柄峠にも期待大だったが・・・。
From 2013BRM413


通過チェック 山中湖711(96.6km) 13:10着 13:25出
 ケーキも食べたばかりでさんなに空いていないので、念のためのウィダーとレッドブルをチャージ。

籠坂峠はほんとすぐだよね。この辺りになると序盤の足の痛みは消えて、いつもの全体のだるい系になってきます。登りでは相変わらず抜かれまくりです。そして籠坂からは豪快な下り。あっという間に終わりですけど。途中富士山一周のコースとかと被ったり。
From 2013BRM413


PC2 足柄駅前ファミマ 14:10着 14:25発
 ここでも足柄峠に備えてレッドブルチャージ。でも、飯は無しにしたのが失敗したなぁ。このコンビニは以前足柄峠に行ったときに来たことがありました。でも、重要なのはそこではなく、PC2の前の八百屋さんです。実は自転車乗りのウルフカズさん経営のお店なのでした。こうして応援してくれてますし、ちゃんと店先にバイクラックがあります。八百屋というよりは何でも屋に近いけれど、自転車向けにCCDとかアミノ4000とか売ってたりします。パンク用のチューブとかも売ってたりして!?でも、たぶんポンプくらいは貸してくれると思いますので、ここへきたらファミマの前の八百屋さんにも、寄ってみませう。
From 2013BRM413

 出発そうそう踏切に引っかかったと思ったら、こんな写真が撮れました。
From 2013BRM413

 で、足柄峠は駅を超えるといきなり登りが始まります。途中平らなところもあるし、裏からなので標高差は少ないので激坂は少ないけれど、インナーロー要りますよ。ないから1回だけ心が折れて休みました。しょーがないよね。しかも、腹減ってきちゃったし。よく考えるとPC1から食べてないじゃん。ケーキは食べたけどさ。補給食を食べていたら、さっき抜かしたバイクフライデーの外人さん(ブルべ参加者)にまた抜かれたよ。小径車だと登りはクルクルまわしてもなかなか上がれないような感じですね。峠の直前で見える富士山は雲がかかっていて残念。
From 2013BRM413

 でも、足柄峠といえばココね。峠の茶屋の饅頭屋。なんと今日はやっていた模様。えー、やってるのみたの初めてだよ。華麗にスルーしたけどもったいなかったかも。でも、時間ないから仕方ない。
From 2013BRM413

 足柄峠を下って夕日の滝まではまたちょっと登り。ここは有人チェック。ししゃもと焼き鳥をいただきました。ありがとうございます。西東京スタッフさん。次は峠の茶屋の饅頭でお願いします!?ここでもPC2でもmicronさんの旦那さんに会いました。
From 2013BRM413

 しばらくするとケルビム隊の人々もやってきました。
From 2013BRM413

 夕日の滝の後はmicronさんの旦那さんが先にスタートしたのに、なぜか後ろからやってきたり、その後を追おうとしたら、あっという間に見えなくなりました。中井の丘陵地を上がらされてもうヒーヒー。どう考えてもこのコース作った人はマゾですね。峠と名前はつかないけど、予想通り大変ですよ。車少ないコースとか言って、結構通るしと思いましたが、あとで聞いたら東名が渋滞で下に降りてきてたそうな。その結果がこれね。
From 2013BRM413

 夕闇の中、富士山がまた雲が切れてまいりました。
From 2013BRM413

 渋滞ががずっと続くから距離と平地からしてPC3寒川スリーエフに18時前に着くはずなのについたら18:20くらい。ほんと狭い道にトラックとかいるから通れません。この辺りからケルビム隊と一緒にゴールまで向かいました。ゴールは19:09だったかな。ケルビム隊の参加者の方々、引いてくれてありがとうございました。

 結局、たくさんの峠と渋滞、信号の峠を経て、13hr9mでゴールしました。ギリギリ隊きた~。しかもグルメは道の駅どうしのクレソンケーキだけ!!今回は桜と富士山の観光ブルべだったなぁ。
 帰りは鶴見川経由で帰ったけど、暗いのに無灯火散歩者とかランナーいるし、怖いし、筋肉痛?でスピードでないし、距離は30kmだった。
2013..14 自転車 comment9 trackback0

2013年初の柳沢峠往復

 だいぶ暖かくというか時には暑いくらい(3月なのに!?)なので、行ってきました柳沢峠。ソロだと行く気もしない距離ですが、まこたさんに誘われて行く気になりました。
 朝4時半に家を出て、5時過ぎに合流して出発。先週の熱海往復はあまりの暑さに夏装備でした。今日も暑くなるとのことで夏装備で行こうかと考えていましたが、峠は寒いみたい?なので下はアソスタイツ、上は6-12度用アソスジャージ。グローブは6-12度用です。が、シューズはそのまま何もなし。これが失敗でした。
 まずは、30km/hくらいで飛ばすまこたさんについていきます。相変わらず飛ばすなぁ~。でも、ついて幾分には問題なし。そのうち、前走者!?に追いついて5-6人くらいで走ります。これがまだ日の出前後で最も寒い時間帯。上下はよいけど、足先が冷えまくって仕方ない。古里のコンビニは8時15分くらいについて日はとっくに出ていて日向で背中は暖かいけど、足先は・・・。この時期トゥウォーマーは必須ですね。まだ、3月ですから。それにしても、前走者においついてからは28km/hくらいのまったり走行。これが後半を含めてベスト。このまったりが後半に余裕を与えたと思う。普段だと平地は少し頑張って、あとはヘロヘロですから。
 さて、古里からは登りの始まり。奥多摩まで意外と登るなぁ。昨年のここはいつも下りばかりだった。と、そこで後ろに1人連結。地元の五日市の方で@norikura1059さん。甲府まで抜けて鳥坂登って甲武トンネル抜けて帰るとか。ソロで変態さんと言えよう。しかも、本格的な登りに入ったらあっという間に見えなくなった。典型的なクライマーでした。うらやましい限りです。どうしたら速く登れるのか教えてほしいです。
 途中、道の悪いところでまこたさんのハンドルが落ちてしまい、道の駅で緊急修理。すぐに直ってよかった。その後も、落合キャンプ場で少し休んだり。そして、推奨!?されていた柳沢峠名物の名水「わらび餅」。やばい激ウマだった。切ってもらった上にお茶までいただきました。峠の少し手前の旅館のところに売店があります。これからここへ来るときは、ぜひ寄ろう。休む言い訳にもなりますしね。黒蜜なくても十分甘かったです。食べたのは白糖でした。
From 2013-03-16

From 2013-03-16

 12時くらいにようやく柳沢峠に到着。走っている分には長い道志みちイメージです。何度か走っているのである程度わかるのも大きい。そうそう、トンネルが1つ開通していて旧道が通行止めになってます。おいらん淵に入るところね。柳沢峠では日頃の行いも良かったためか、雲一つない富士山も拝めました。しかし、デジカメだと富士山ちっこいけど、実物はもっと大きく見えます。
From 2013-03-16

 まこたさんも無事到着。
From 2013-03-16

 まこたさんらはこのまま甲府へ下りますが、私は早く帰りたいのでここからとんぼ返り。その前にハンガーノック対策でかけうどんを食します。多少登り返しと全線向かい風もありましたが、30分くらいで丹波山まで下りてあとはユルユル奥多摩湖へ。
From 2013-03-16

 峠のちょい下の気温は8度。峠の茶屋内はストーブ焚いてました。実際寒いです。登った直後は暑いけど。峠付近で日当たりの悪いところはこんな感じ。道には基本雪はないです。頂上のとこだけ端に雪があって溶けて流れて路面がちょっとだけ濡れてました。
From 2013-03-16

 そして下った先で行ったのは、どんぐりんこ。あれ!?白いオルベアが1台止まってます。なんか見覚えのあるバーテープ。中に入ると・・・やはりいましたけーこさん。偶然というか奇遇というか、いつかは会うかもとは思ってましたが(笑) そして相変わらずのシチューパン。あれで腹8分目とかまさに四次元ポケット!?楽々の完食。私は新メニューの「トマトとひき肉のスープパスタ」。ミートソース系は量が多いと飽きるのですが・・・。結果は完食。量が多そうですがスープパスタなので見た目よりアッサリ系。これはいけました。ジュレを入れるとまた味が変わるので飽きも来ないです。
From 2013-03-16

 走ったコースはこんな感じ。トータルで253kmを4:30~19:00。14時間30分。帰りは花粉症と鶴見川近辺の渋滞で参りました。今回は28km/hで余裕の走行をしましょうというのが教訓かな。もっと出せるけどそこは抑えて余裕を持たせるのがポイント。
 あと、サドルを少し下げたらようやく良い感じに回せるようになりました。まだ膝にほんの少しだけ違和感あるかな。サドルを水平から少し前下がりにしたら、股は痛くないけど代わりに前ズレを抑えるための腕に負担がかかって両部の肘のあたりの筋肉痛にorz
From 2013-03-16

今回、一緒に走ってくれた皆様、ありがとうございました。
2013..17 自転車 comment7 trackback0

Domane5.9レポート

 2006年版TREK1400を使用して7年。ブルべは2009年からだけど、雨の中、特に豪雨や川のようにたまった道路を走ることになったりしました。もちろん、落車も何度かしてます。今回はホイールのスポークが曲がったのを契機に修理を依頼。ヘッドの軸受?の部分が破損していたそうです。どおりでゴリゴリすると思った。純正品はもうないようなので、代替品を調達してもらうことになりました。スポークは以前壊したフロントホイールと2個で1つにするように依頼。その依頼をしにいったときに見かけたのが、これ。
From 2013-01-13

 TREKが2012年にロングライド用に開発したDomane6シリーズの廉価版・・・というか6シリーズはプロ用、5はシリーズはアマチュア用みたいな感じ!?が2013年版としてリリース。4シリーズとか3シリーズもありますけど。前回、Domane4.5を朝練で試乗しました。これは既に月刊ファンライド誌に感想が載りました(笑)。4.5は微妙な赤と白で個人的には気に入らなかったのですよね。今までの青系統ならよかったのに。6シリーズなら色はプロジェクトワンで選択可能ですが、高いしね。そして5.9は黒とチャコール(というよりグレーに近い)で渋い系統で許せる範囲(なぜ青はやめちゃったのかなぁ)。電動アルテグラはブルべではちょっと不安(主に水の中を走るから+輪行でぶつけそう)ではあります。
 さて、5.9を46km+65km走った感想をつらつら書いていきます。
まず、車両について。サイズは1400は52サイズでしたが、5.9は54サイズ。ステムは120mmから100mm。クランクが165mmから172.5mm。ホイールベースが少し長いです。一番の問題はクランク長が7.5mmもの変更。完成品だから変更するなら費用がかかります。今回は無理。ハンドルがTREKはオーバーサイズ(31.5mm)なので、3Tに変更した1400に比べていろいろとライトなどの取り付けサイズが合いません。サドルは標準のボンドレガーRL(RaceLight)。ホイールも同じ。タイヤは700cx25mm。
 まずは46km乗りつつサドル高と前後を調整。ハンドル高も。でも、右ひざの裏のちょい上がつっぱる感じ。推測ですが、今回のサドル高はペダルが下になったときに足の長さがちょうどよくなるように設定しましたが、逆にペダルが上に来た時に7.5mmも高くなっているので、1400より膝が上にくる。そのせいで走行時に違和感があるようです。これが結構きついかな。
 走行感ですが、46km+65kmを走った限りでは、踏み出しが軽い。これは自転車自体がアルミからカーボンにになって軽くなったのと、ギアなどが新しいからかも?ISOを持ってして、地面からのロードノイズが全部消えるわけではないですが、マイルドになったかな?というところです。走ってると前述の膝の違和感がどうしても・・・。それでも乗っているうちに慣れてきたようなところも。メーターはつけていないので走行時の速度や回転数はわかりませんが、所詮エンジンは非力なので、坂を走れば疲れますし、高速に走るとハーハーです。あとはロングライドしての疲れ具合がどうかというところでしょうか?近場のブルべで試してみたいところです。次の209は輪行で、凍結路がある可能性があるので1400の予定。
2013..14 自転車 comment4 trackback0

冬一番!?猛烈な強風に晒された三浦一周

2012年12月8日はチーム亀太郎のだほーんさん主催のだほーん塾へ便乗しました。
今回は8時横浜駅集合でしたが、出かけに空気入れて外したらバルブがあぽーんしてしまい、新たなチューブを入れ替えるハメに。おかげでちょっと遅刻したよ。行ったらシン3が居たよ。箱根に行くそうな。あの風で西に向かうのは結構きつかったと思うがどうなったことやら!?
でも今回はタイトルの通り西からの風がムチャクチャ強い三浦一周をしてきました。距離は135kmくらい。
From 20121208-三浦一周with亀太郎

最初はなぜか横浜観光!?このあたりはまだまだ風はほとんどなくて楽勝でした。八景島駅でタビーさんとお初の金沢さんと合流。このあたりから風がでてきました。でも、ブレーメンには寄れなかった。だほーんさんは400kmブルベをオニギリ1-2個で走破する性能なので途中のグルメにはなかなか(笑)。で、横須賀~観音崎はそれなりに風はあるけど山があるのでなんとか風が遮られています。しかし、三浦海岸に出た瞬間・・・。下りで横風でフラフラとしか走れません。危ないので歩道へ退避。しかし、砂が顔に当たって超痛い。右側の歩道へ避難して進行。ここはほんとヤバかったです。三浦海岸の交差点を右折して坂を登ったところ。写真を撮ってたらだほーんさんにスルーされて慌てて追いかけました。
From 20121208-三浦一周with亀太郎

城ヶ島の橋は通行止めではなかったですが、強風なので歩いて渡りました。そしてしぶき亭へ。頼んだのはマグロカツ丼。ほほー、いつもはマグロ丼でしたがこれもなかなかいけますね。でも、最近歯しぶき亭ばかりなので、たまにはくろば亭へいってアレ食べたいですね。
From 20121208-三浦一周with亀太郎

そして帰路は北上しますが、風は西風なので斜め後ろから来ます。これが実はまた危なくて自転車が車道側に流されます。車がいなければよいのですが三浦半島は車ばかりなので・・・。途中立石で作戦会議。見ての通り、波打ち際は真っ白になってます。普段こんなことにはなってないはずですが。で、鎌倉方面は渋滞してのこの風は危ないということで逗子で離脱。私は金沢さんと帰路へ。
From 20121208-三浦一周with亀太郎

まだ18時にもなってないのにこんな真っ暗。イチョウ通りはクリスマスっぽい飾りつけされてました。
From 20121208-三浦一周with亀太郎

そうそう1点だけ。しほさんは右カーブで右ペダル下げてました。これは自転車傾けると危ないので逆にしましょう。
2012..09 自転車 comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

PIPI

Author:PIPI
もっぱらブルベなどのロングライドをしてます。朝は弱いので6時くらい横浜発でお願いします。3-4時に家出るとかム~リ~。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。