2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

2014年BRMについて

2014年BRM出走結果
BRM105逗子200km 11h41m完走
BRM111曽我梅林200km 11h20m完走
BRM201鎌倉300km 19h7m完走
BRM222相模湾300km 19h30m完走
BRM322東照宮300km 16hr30m完走
BRM329ぐるっと富士山400km 26hr16m完走 箱根で雨
BRM406定峰200km DNS
フレッシュ413鎌倉 377.1km完走
BRM419関東一周600km 水戸DNFバッテリー不足

BRM510沼津400km 23h25m完走
BRM517富士大回り400km 完走
BRM524ぐるっと房総8時400km 風邪DNS
601富士ヒルクラ 1h46m完走
BRM607北関東400km DNS
BRM614茂木時計600km 39h35m完走
BRM709北海道1200km 400km北見でDNF+中止
BRM920東京1000km 73h40m完走
BRM928定峰200km 11h33m完走
BRM1004富士山一周200km 11h27n完走最後は雨
BRM1018ニッチツ300km 17h35m完走


2013年BRM結果一覧
BRM106逗子200km完走 11h32m
BRM209千葉300km完走 寒暖差激しい夜スタート 18h40m
BRM223曽我梅林(1/15朝)200km完走 11hr38m
BRM324道志200km完走 11hr57min
BRM406富士山一周200kmDNS 暴風雨
BRM413金太郎200km完走 13hr9m 東名迂回渋滞
BRM420鎌倉300km完走 17hr53m クリート崩壊
Flesh426近畿 大津DNF
BRM511富士400km DNS
BRM518名古屋(4/12)600km ラスト100km雨の中完走
BRM601アタック会津(4/8)600km 亀太郎3人で完走
BRM615西上州(4/15)300km mocoさん、シン3と完走
BRM921裏磐梯(8/1)600km DNS
BRM1005定峰(8/5?)200km DNS
BRM1013柳沢峠(7/13)200km DNS


一応月2回程度ペース予定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2016年BRM715北海道1200kmの挑戦(その4)

PC4の別海で489.9km。次は通過チェックの納沙布で折り返しだけど、実は567.5kmなので半分行ってないという。
とりあえずブルベハイ状態?でそれほど辛いということもなく進む。いや、股の間というかサドルの溝が当たるところが鈍い痛みをずっと持っている。伊勢1000の時は溝なしサドルで真ん中が擦れたので溝付きにしたけれど、やはり溝の端の2か所があたるんだよね。どうしたらよいのやら。
それはそれとして、別海をリスタートしてすぐの711でオニギリ休息。パンだけじゃ足りなかったし、カップヌードルとかはそんなに好きじゃないんだよね。そんな贅沢言えない時とか寒いときは食べるけれど。その間に何人か抜かれる。


アップダウンを繰り返し登り切ったところで、かつてパラダイスの時に走ったコースにぶつかる。ここからは走ったことのあるコース。
厚床までもアップダウンをさらに繰り返されて、ようやく根室や納沙布岬の表示が出てきた。


序盤の北竜のあたりで"膝が痛くて~"といっていた元埼玉若手の会のタカトリさんに追いつかれて、納沙布岬まで一緒に走行。
ここは一見、野付半島っぽいけれど、根室の付け根の風蓮湖。


そして根室市街へ入る橋。前は夜でライトアップされてました。ここが一番低いところで、根室市街までと市街もひたすらアップダウン。


その途中にある根室花まる。回転すしながら安い美味いである。前回は閉店30分前に入って堪能したが、今回はパス。なお、東京にあるやつは高いのでオススメできない。


根室市街の先もアップダウン多め。タカトリさんに引いてもらったり、引いたりしました。


これは歯舞のあたりかな?
歯舞って群島のことだと思ったら、この辺りが歯舞という地名。郵便局も歯舞なのだ。知らんかった。前回は真っ暗で雨で対抗車のハイライトで酷い目にあって電話ボックスに到着したイメージしかない。でも、今回は昼までしかも晴れててよい感じ。


タワーが見えてきた。どうやらあそこが納沙布岬のようだ。で、納沙布会館は実は入り口近くなのだけど、思わず海の方へ行ってしまった。通過チェックの納沙布会館に15:37~15:50と短時間で離脱。なぜなら・・・


日本最東端の納沙布岬とか・・・


北方四島の歯舞群島とか・・・


北方四島のモニュメントとか・・・


飯は根室市内でエスカロップにしようと思っていたのですが、もはや腹減り過ぎて持たず、ここ納沙布会館前のともしび(東灯)にて。

イクラ丼を食す。あれー、思ったより少ないね?リスタート時間はちょうど16:30。飯が出てくるの遅くて30分もここで過ごしてしまった。まぁ、ゆっくり休んだと考えよう。


ここからはけーこさんとリスタート。最北コンビニによるとのことで、すぐにソロに。根室市街までにウワンさんを抜いたり抜かれたり。途中、花まるで食べていたらしい埼玉隊をパンク修理している間に追い抜く。
厚床の711で19:17~19:44と結構休んだ。ここから1時間少しかけてPC5別海(645.2km)へ。ようやく600kmと半分をを超えた。20:54到着。ちょうどのんのんちゃんの旦那が出ていくところを見送る。あとでわかったけど、実は次の宿が同じところでした。
別海ではウワンさんも。またまたコーヒー牛乳とパンを食して21:36に離脱。


同じよな速度で進んでいる場合、多くの人は別海で休むことになるだろう。でも、ここでは眠れそうもないかと思い、コース上にある温泉宿を取ったので、そこまで1時間半ほど乗って23到着。それが西春別温泉ペンション クローバーハウス。ビジネスホテルなんてないし他のホテル系は埋まっていたけれど、ここは予約できました。ペンションだからどうかなと思ったけれど、ユメさん達も泊まるということでした。宿の人も起きて待っていてくれました。ありがとうございます。ユメさん達が到着するまで起きられていたみたいです。すぐに温泉にいったらのんのんちやんの旦那に出会ってびっくりですわ。確かに自転車1台あったけれど、まさか同じ宿とは思わなかった。こうして2日目の晩を過ごすことに。温泉入った直後は暑くてエアコンかけようと思ったら、暖房装置はあるけど冷房はなかった。窓を開けたら超涼しい。なるほど、冷房はいらないですね。
2016..11 ブルベ comment0 trackback0

2016年BRM715北海道1200kmの挑戦(その3)

さて、PC2まで一緒に走ってきたすーさんは行ってしまい、先に着いていたけーこさんも行ってしまった。
夕飯も食い終わったところで、MTB+GパンでPBPも完走しているマーリンさんに遭遇。非常に体調が悪いとのことなのでDNFを勧めておく。この先は北見まで何もない山の中なのだ。とりあえず、20時頃に一緒に遠軽をリスタート。写真は初日に下りで抜いたときだったかな?


とりあえず、2人で会話しながら金華峠を目指す。途中で飲み物休憩したり、レインウェアを着たりで分離する。
そう、夜の金華峠は霧雨から始まって路面がウェットになるほど、普通に雨という状況になったのだ。30分前に北見に着いた人によればそんなに降ってなかったとのことなので、まさに運か!?
雨なので写真は無しでひたすら走る。北見の街中の手前辺りでなぜか5人列車の先頭を引いていた(マーリンさん含)。変わってもらったら千切れてしまったorz まぁ、北見のPC3も近いのでのんびり走行。以前も通ったホテル街を通り、23時頃にPC3北見へ到着。写真を撮る間もなく、豚汁などを食べて、のんのんちゃんにドロップバックを取ってもらい、身体を拭いて仮眠開始。

7/16(土)、いよいよ2日目のスタート。みんなほぼギリギリ隊でガサガサするから3時半頃起きてしまった。
前回も貼ってあったドロップバックのところの横断幕は今回もあった。
こうして豚汁やバナナやおやつを食べて4時半に北見をリスタート。当然ながらソロである。


北見のPC3は北見のちょい山の中にあり、少し登ったところが頂上。トンネルを抜けるとダラダラとした下りがある。
その後に美幌の街中を通ってからダラダラ登った末に美幌峠がある。


登りの遅さには定評のある私であるが、この美幌峠では数人抜いたことを記しておく。が、後からやってきたmugen夫妻列車には軽くぶち抜かれるのである。これが北海道の貧脚!?ありえん、賓客の間違いであろう。しかも、奥さんをもうちょいで頂上だから頑張れみたいなフォローしての余裕がある。なお、この夫妻はこの後、何度も後ろから現れてはぶち抜くということをやっていたのだ!!


というわけで、ようやく美幌峠に到着。んー、何も見えませんな。どうやら、運が良いと屈斜路湖を眺めての雲海が見えるらしいけど、もはやその雲海が上がってきてしまった状態らしい!?

これが道の駅美幌峠。この隣にある建物が前回、まこたさん他大勢のブルベライダーが暴風雨で進退窮まり一夜を明かしたトイレである。


視界の悪い霧の中、7時14分にリスタートとして下り始める。たぶん、下りで1人は抜いたはず。登りは遅いが下りは普通に速いよ。体重あるからね。位置エネルギーは偉大なのだ。


最初の駐車場で屈斜路湖を撮っていたユメ夫妻を抜いていく。下りは急には止まれないのだ。
そして最初にあるコンビニのセイコーマートやまな店にたくさんのブルベライダーがタムロしているところに突撃する。ここには後からmugen夫妻やユメ夫妻も来たよ。8:21~8:48と思ったより休んでた。ここから先はしばらくアップダウン。またまたソロでリスタート。
とりあえずは最も高い位置と思われるスノーシェードを通過したら、下り基調のアップダウン。途中はWindows XPの画面みたいな感じのところを通過。まぁ、天気は晴れ時々曇りで快適である。


これが下り基調のところ。もちろん、ソロリスト。快適に下る!!


この辺りから牛も見えてきた。なお、この後もしばらくは乳牛ばかりで飽きる。
そういえば、吉田ファーム!?のロード乗りの方が看板とカウベルで応援してくれてたのもこの辺りだっけかな。写真はないけれど、応援は元気になりました。


そして、ソロで走っているところを、西春別のセイコマ前で再びmugen夫妻と関西のyoneさんの集団に追いつかれて吸収された。この後は確か別海まで引いてもらった!?いや、登りで引き離されたんだっけorz
この直後に今晩止まる西春別温泉を通過。なんせ列車に乗っていたからね。なお、硫黄臭かったのは温泉だからだね。


こうしてPC4別海の体育館に11:23に到着。チコリンさんにお出迎えされる。牛乳は苦手なので名物のコーヒー牛乳と別海のパンをいただく。足らないのでこの後コース上にあるセブンイレブンですぐオニギリ食べたけどね。こうしてまた11:54にソロリスタート。
2016..03 ブルベ comment2 trackback0

2016年BRM715北海道1200kmの挑戦(その2)

こうしてようやく約130km地点のPC1深川多度志のセイコーマートに11時頃に到着。
予想通りブルベライダーが鈴なりで大量にいた。1つ前で昼飯食べて大正解。
ここでは水と飴だけ買って即リスタート。ちょうどスタートする同じ亀太郎のすーさんと一緒に。
スタート前にユメさん夫妻も滑り込んできた。締切は13:40+20分なので、3時間くらい!?
信号がないから素晴らしい速さ。

先行するすーさん。昼飯を探していたようなので上川のよし乃を紹介する。ただし、80km近く先である(笑)。
途中走りながらバナナを食べていました。


上湯内ダムの横を通り、斜度2%前後の坂を登って湯内トンネルへ12:25くらいに通過。この時はすーさんは後ろかな。


道を下りきって左折してR12で後から来たけーこさんが物凄い速度で抜いていく。すーさん曰く、あんなに無茶な速度だと身体が持たないよとのこと。
ちょうど旭川の横を通るこの辺りが気温30度超で暑くて熱中症になりそうでした。1回711で氷休息を入れる。
1200kmで一番つらい暑さがここ。旭川って甲府みたいな盆地地形だもんなぁ。北海道といえども結構辛かった。


その後、R40、R39とつないでいくもゆるゆると坂を上がる感じです。愛別あたりからようやく日差しも弱まって暑さもひと段落。
そして208kmあたりにある上川にあるよし乃でラーメン休息へ。ここでたまたま写真を取ったらエスフジさんが!?
もちろん、mugenさん夫妻もとほとんど客はブルベライダーばかりである。なお、15:00チョイ前着。


旭川ラーメンということで味噌ラーメンを頼んだけど、ちょっと辛めでした。ここはライスを頼むとお代わりし放題でした。


店をでてからも引き続き登りで、R273に入り頂上へ近づくにつれて斜度が若干きつめになってくる。それでも5%くらい?こうして北見峠だけど北見じゃなくて遠軽だよに17:10頃着。見ての通り、雲ありで日が差しいない状態。登りは暑いけど止まっていればよい感じで涼しめ。ちょい着込んで下りを開始。ここからPC2までは下り基調。まだ明るくてよかった。


268kmくらいにある道の駅まるせっぷに18:30頃飛び込むもギリギリアウト!?18時にオーダーストップだった模様で、ちょうど埼玉トレインの人が出てきた。仕方なくトイレだけ済ませてリスタート。なお、すーさんはソフトクリームだけ作ってもらった模様。ほんとはここで晩飯を食べておきたかった。この先何もないんだよね。
後から来た外人3人組は残念ながらトイレのみである。そろそろ寒くなるのでレッグウォーマーなどの装備を開始。
ぶっちゃけ、ここまででだいぶ焼けてしまった。

リスタートとして17kmほどで284.6km地点のPC2遠軽の711に19:30にすーさんと共に到着。私はコンビニ飯を食うためにイートインへ。すーさんはそのままリスタートしてここで分離しました。このPCではけーこさんやまーりんさんに会いましたが、まーりんさんはだいぶ調子悪いようでDNFかも的な話をしていました。なお、私は鉄板焼きハンバーグ弁当食べてました。実はリスタートしてすぐ右手にドライブインがありました。リサーチ不足orz
2016..23 ブルベ comment2 trackback0

2016年BRM715北海道1200kmの挑戦(その1)

2014年7月に実施された北海道1200kmに参加していたが、悪天候により中止となった。
しかし、その実態は21時スタートかつメカトラ/パンクなどでまともな速度で走れず、北見(400km)に21時につくという有様。
中止というよりDNFだったのだ。
2年後の2016年7月、再度の挑戦のために北の大地に立つ。もちろん、メカトラを避けるための方策をうち、今回は万全の体制だ!?
7/14に前泊と車検を済ました結果、5:20スタートとなった。
翌日の7/15の4時にスタートとなる札幌の北にある「つどーむ」なる施設へ、1.6kmにあるホテルユキタから出発。このホテルほとんどブルベライダーに占領されていたのではないかと思われる(笑)。

まだ早いのでスタート準備などされていないつどーむ内。


そして参加者もまだまばらな状態。コーヒーがとってもアメリカンでした。サンドイッチはちと甘いところもあった。


AJ北海道のエライ人の挨拶から始まり、コースの説明や謎の鳥の説明がありました。この鳥の声は走行中に聞いたような気がする。なお、説明は日本語/英語/中国語(台湾)で行われました。


座席はけーこさんやみぃーさんらの前に陣取り、隣はヨシダさん、そして逆側はすーさんと三船さんだ。


スタート前の一時、すーさんぶれてるよ(笑)。ユメさん夫妻とAJ神奈川の誰だっけ!?さん。この方、以前の伊勢1000でも帰りの熱海峠で一緒だったなぁ。スイスイいってたけど。


MCの方がいて一人ずつフルネームでマイクで呼ばれてスタート。


そして5:20に私もいよいよ1200kmの旅がスタート!!


何時ものことだけど、序盤は飛ばしているのが北海道の特徴だ。信号も少ないしね。速過ぎない程度の列車に乗って札幌市内を走行開始。


当別ダム湖のあたりで埼玉トレインに乗車開始。これがまたかなり飛ばしてる。が、しかしその列車は途中でトイレ休憩で離脱してしまう。


その後、しばらくして乗った列車がこちらの、たぶんご夫婦!?最初はmugenさん夫妻かと思ったが、違うよね。この後、何度かこの夫婦と出会い、無賃乗車をさせてもらいました。挨拶はしておけヨという感じですが、そこそこ早くてハーハーしてたからなぁ。


御覧の通り、この夫婦は登りも早い。


ということで、9:00過ぎに通過チェックに到着。
トイレあるかと思ったらないんだよね。駐車場かと思ったら単に道端だよ。コンビニもなくチョイ先の謎の商店の前にある自販機にブルベライダーが群がっていた。そう、もうこの時間からじりじりと暑くなってきたのだ。出たときは寒いくらいだったのに。


いかにも北海道的な長い道。下りだからいいけどね。見ての通り、誰もいない。ソロで走ってるんだよ。


そして待望のトイレ、いや道の駅うりゅうがあらわる。トイレついでに人様が食べているコレに目をつける。レストランはまだ空いてないのだ。


雨竜といえば雨竜米というお米が有名らしい。それを使ったはんぺんというか揚げ物。


うりゅうのすぐ近くにあるのが北竜という道の駅。派手さはあるんだけどねぇ。


多度志が近づくと蕎麦の花も咲いてました。


PC1は超絶混むという予想から1つ手前のセイコーマートへ昼飯避難。ここで5:10スタートしていたmugen夫妻に出会った。そしてバイクに乗ったkabaさんも応援に来てくれました。ありがとう。


PC1多度志直前でR東京のエライ人に追いつきました。
2016..21 ブルベ comment5 trackback0

初めての日本橋ブルベへの参戦(その3)

もはや海沿いの平坦な道を惰性で進み続ける。前にも後ろにも人はいない。


そしてようやく鹿島市に入り、PC4へ。4:18着。Movesが停止していて再スタート時間不明。このPCで何人かブルベライダーには遭遇。


なお、近くには鹿島スタジアムがある。


そして、鹿島神宮駅方面へ向かうと見せかけて激坂を登る。またまた登らせるw
行きつく先がここ、鹿島神宮。


コース外ながら中に入り込む。まだ朝5時前だというのに参拝客がいる。挙句にブルベですか!?と聞かれるなど。ブルベはそんなに知られているのか!?それとも鹿島神宮関係者にもライダーがいるのか!?
この後、北浦を渡ってからコースを外れてJoyfulへ。ここは24h営業なのだ。でも、既に日はとっくに昇っている。仮眠できるかなぁと思いつつ、朝食をとる。結局眠れず。5:08-6:01と1時間くらい滞在。


潮来駅近くを通り、コース上にあるあやめ園へ。道の反対側へ渡って撮影タイム。


あやめはまだ早い感じ?ちょっと残念。
この後、一瞬千葉県に入ってすぐに茨城県に戻るという謎仕様。このあたり利根川渡ってないのに千葉がある模様。


霞ヶ浦のサイクリングロード?は初めて走ったかな。天気はこんな感じでガスってる。まだまだ暑くない。


そして阿見のPC5の711へ。7:47-8:15。ここで天気も良くなってきたこともあり、寒さ装備を解除。よくみたら30分くらいいたのか。
再スタートするとアウトレットがあるが車が並んでいたのは、それではなくたぶんJRAの模様。


アウトレットを超えると見えてくるのが、牛久大仏。実はそんなに歴史は古くない。中は1回は見てみるのがオススメだ。
この後はなぜか竜ケ崎市の町中を迂回している。コロッケがまた食えないぜ!!この時間じゃやってないかな?


利根川を越えたすぐの布佐駅の先にあるのがコレ。実はこの辺りで最後一緒になる日本橋ジャージの実走スタッフ?の方に抜かれる。なお、ここが有名なテラ飯屋のリバーサイド。前に来たことあるけど、この時間はもちろんまだやっていない。

しばらく走ると、すぐにPC6白井。10:02-10:54。ええ!?ここも1時間もいたのか。何してたんだっけ?飯食ってたかな?いや、でしたっきぃさんを待っていたのだ。実は11時着くらいとかツイートしてたんだっけ?でも、結局ここではなく、再スタートした道の途中ですれ違いになってしまいました(^^;;

この先の新鎌ヶ谷~くぬぎ山は柏と同じで、昔からある道で歩道も道も狭いつくり。そのくせ車が多くて走りにくい。夜中や明け方ならそうでもないのだろうけど、すでに11時過ぎでは渋滞あるのみ・・・辛い。


そんな中で、あらかじめ目をつけていたのがくぬぎ山駅近くのいちごのお店「カフェテラスひらおか」。パスタとケーキの店なのだが、車が多過ぎて止まるのも渡るのも大変なのでスルー。いつか行けるといいな。

その後、20世紀が丘を通り、何故か葛飾橋を通るルート。ここで日本橋ジャージの方に追いついてゴールまで一緒に走りました。
それにしても葛飾橋の先も狭くて自転車向きじゃないんだよね。もっと下ってR14の方がよいのではと思いました。


柴又帝釈天の近くを通り、スカイツリーがようやく見えてきました。


両国国技館前は旗が出ているから巡業しているみたい。


そして日本橋へ!!
実際は通り過ぎたチョイ先にあるナチュラルローソンへ13:05着でゴール。
ということで、日本橋400kmは25h5mでした。
引き続きゴール受付へ行ったら、あの夫妻に出迎えていただきました。エアコン効いてて涼しい謎の地下室(笑)。とにかくチョー暑かったですね。PC5以降から急に。

この後、家へ帰るまでに腹減ったので鶴見のロイホに寄ってから帰りました。某ヒデさんに対抗してフィッシュアンドチップスでしたが、まったく足りませんでしたね。
2016..12 ブルベ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

Author:PIPI
もっぱらブルベなどのロングライドをしてます。朝は弱いので6時くらい横浜発でお願いします。3-4時に家出るとかム~リ~。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。